農業分野、緑化分野を最新の技術で応援する大信産業株式会社。

大信産業株式会社・農業分野【農薬】

ホーム >業務内容 >農業分野【農薬】

最新の技術と情報を提供します

農薬の進歩はわが国の食糧の増産に多大な貢献をもたらし、豊かな食生活を提供しています。現在使用されている農薬は、様々な毒性試験をクリアした安全性に優れた製品です。もし農薬を使用しなければ確かな収穫は期待できません。世界の人口が増加する中で、今後も重要な役割を担っていくでしょう。

また、一方ではできるだけ化学農薬を使用しないで病害虫をコントロールするIPM(総合的病害虫管理)の実用化も進んでいます。昆虫の習性を利用した受粉用マルハナバチや生物農薬(天敵)、昆虫から発散される性フェロモンを利用したフェロモン剤、さらにはバクテリア、糸状菌、センチュウ、ウィルスなどを利用した微生物農薬なども利用されています。大信産業は安全性の高い農薬と、これらの生物の習性を利用した製品で、安全・安心な農産物の生産をサポートします。

また、緑化管理についても農薬の使用は不可欠です。ゴルフ場、公園、庭園、工場緑地帯、高速道路緑地帯、神社仏閣、森林など緑地の維持には環境に配慮した農薬が使われます。

農業分野【農薬】・大信産業

以前からトマトの着果促進は人手によってホルモン剤処理が行われていましたが、近年ではマルハナバチの訪花習性を利用し、受粉作業を行っています。マルハナバチを利用することで着果率は高まり、空洞果も減少するなど、多くのメリットが得られ、広く生産者に普及しつつあります。最近では、国内産の種類であるクロマルハナバチが利用されています。

マルハナバチ

天敵利用による害虫防除はいよいよ実用段階となりました。虫が害虫を退治する、まさに昆虫の習性を利用した「環境にやさしい」防除法です。コナジラミ防除のツヤコバチ、ハダニ防除のカブリダニ、ハモグリバエ防除のヒメコバチ、アブラムシ防除のアブラバチなどラインナップも充実し、様々な害虫に対応できるようになりました。従来の防除で使われる化学農薬は連用すると害虫に抵抗性がついてしまいますが、天敵であればそのような心配はいりません。

生物農薬(天敵)

天敵以外にもバクテリア、糸状菌、ウィルスなどを利用した微生物農薬も利用されています。害虫防除では、バチルス菌で鱗翅目害虫を防除する「BT剤」、ボーベリア菌でカミキリムシを防除する「バイリサカミキリ」、ウィルスでハスモンヨトウを防除する「ハスモン天敵」などがあります。また、病害防除では、バチルス菌で灰色かび病やうどんこ病を防除する「ボトキラー水和剤」などが普及しています。

微生物農薬

昆虫の交尾は目で相手を確認して行われるのではなく昆虫から発散される性フェロモンによって行われると言われています。ハスモンヨトウの雌フェロモンを有効成分とする「フェロディンSL」を専用のトラップに設置し、ハスモンヨトウの雄成虫を捕獲します。効率的に防除を行うための発生予察で利用される他、地域全体で取り組むことで大量誘殺し、防除回数の削減に役立っています。その他、シロイチモジヨトウ対象の「ヨトウコンS」やコナガ対象の「コナガコン」なども推進しています。

フェロモン剤

 
ページ先頭へ戻る
Copyright C 2008 TAISHIN SANGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.
〒722-8507 広島県尾道市美ノ郷町本郷1番地180
電話(0848)38-2612  FAX (0848)38-2613
大信産業株式会社